レビュー

ガール・オン・ザ・トレインは、ロンドンに向けて走る電車の窓から見える家を舞台にしたサイコミステリーです。

映画の原作は小説で、その文庫もアマゾンや読書メーターなどで多くのレビューがありますので、その一部をご紹介します。

面白かったです
上下巻合わせて一気に一日足らずで読んでしまいました。
オチは途中で予想できましたが、面白く読めました。

ストーリーも良いですが
3人の女性の独白による心理描写が面白くて、共感したり反感を持ったりしながらどんどん読んでしまった。
意外性やサスペンス要素もさることながら、酒にまつわる失敗談多数の自分としては、アル中の主人公の言動に思い当たることがけっこうあり、自戒の念を禁じえませんでした。


PR
安心の医療脱毛
医療レーザー脱毛 福岡 博多駅からすぐ
福岡・博多駅から徒歩5分。会社帰りや買い物のついでにお気軽にご来院頂けます。

友人や家族に勧めたい一冊
映画化の書籍だと知って購入しました。
すぐに読むのが止まらなくなり、上下巻を1週間もせずに読み切りました。
購入してよかったと思わせてくれる本です。

すぐに引き込まれた。
登場人物のそれぞれの独白で構成される展開に始めは戸惑ったが、すぐに引き込まれた。
それぞれの人物が救いようのない闇を持たされる。
でも彼らの話を読んでいても不思議に不快感はなかった。もしかしたら、彼らの誰かに自分の痛みを重ねて読んだかもしれない。

女性の心理描写がリアル
まずは上だけ買ってみて、おもしろかったのでその日のうちに下も買って一気読みしました。
恋愛・結婚・妊娠・出産・美貌に関することなど、女性にとって大事な話題が物語の中枢に組み込まれていて、ミステリーなんだけど「セックス・アンド・ザ・シティ」を観たときのような満足感がありました。笑
小説としては登場人物の心理描写や行動、物語の展開が自然で、ひっかかるところがなく読めました。

早く読みたい
映画が面白かったので読んでみた。下巻も早く読みたい!

良い!
映画見れずに上映が終わってしまい、アラフォー独身の女性としては、痛々しい内容に興味深々でした。
なので、文庫があるならとここでの評価を参考にしましたが、様々なので、後悔するかもと迷いましたが、読んだ結果、とても良かった!
登場人物の自虐さやダメさと、恐ろしさや、不幸のスパイラルは、他人事に思えず、恐怖に引き込まれてしまいました。
近年の女性が抱えがちな悩みが網羅されていると思いました。